カンジタの原因になる膣内洗浄のやりすぎに注意!

洗い流せばきれいサッパリ?

膣内洗浄は病院でクスコを使って膣を広げて行うものから、

市販の携帯ビデを使って自分で行うものまでさまざまな方法があります。

どれも膣の内部を洗浄し、菌やおりものなどの物質を洗い流すことが目的です。

考える女性

 

意外と多い膣内洗浄に対する勘違い

私も、おりものに異臭がしたときや生理終盤によく携帯ビデを使用しています。

以前は、買うのがめんどくさかったり急いでいたりした時に

シャワーを当ててやっちゃうこともありましたが…

これは不衛生なのでやめましょう。

 

シャワーの方法を含め、膣内洗浄をすると膣から水を出すときに、

その勢いが膣内の汚れを掻き出してくれるような気がするので、

「清潔」だと思い込んでいました。

ですが、これは誤解だったのです。

 

確かに、膣内洗浄のメリットとして細菌の繁殖を抑える効果はあります。

膣や子宮の不快感もなくしてくれます。

ですが、やりすぎは危険です。

なぜなら、膣内の洗浄により、膣内を悪い菌が暴れないように

酸性に保っている乳酸菌を含めた常在菌すべてを洗い流してしまうからです。

 

乳酸菌が減ってしまうと、酸性が中性に近い環境になってしまい、

雑菌の侵入を防ぐ抵抗力が弱まってしまいます。

 

健康な状態を維持している菌も洗い流すということは、

感染症をひきおこすリスクが高まるということです。

 

アソコが「清潔」という意味

カンジタを始めとする病気の予防の1つに

「アソコを清潔に保つ」ということがあげられますが、

膣内を洗うことで解決されるわけではないという事を覚えておいてください。

 

「洗ったから清潔」というわけではないのです。

ここでいう清潔とは、通気性の良い下着を身に着け、

定期的に交換するといったアソコを取り巻く環境のことなのです。

 

やり過ぎが招くトラブル

特にカンジタは他の感染症と違い、おりものが非常に不快な状態になります。

ボロボロとした白い粕状です…

汚らしくて、女性にとっては我慢するのも苦痛だと思います。

 

ついつい体外に放出したくて膣内洗浄をしてしまいがちですが、

発症してからもやりすぎは禁物です。

 

膣剤で治療している場合は、その薬さえも洗い流してしまう場合がありますし、

先ほどお話ししたように良い働きをする常在菌も失ってしまいます。

むしろ、治療の妨げとなってしまう行為です。

 

膣内洗浄の効果的な使用頻度は月2~3回程度とされています。

自分で簡単に行える膣内洗浄ですが、

その目的とメリット・デメリットを踏まえて、

正しい使用を心掛けましょう。

 

「洗ったからキレイ」は大きな勘違いです。

私たちが思っている以上に、アソコのメカニズムは複雑でデリケートなのですから、

思い込みは危険です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ